海外出張・業務渡航の手配ガイド|福岡の株式会社アンサーンブル



TOP » セブ島

セブ島

セブ島

セブ島

セブ島

アメリカの植民地という過去。公用語英語の普及

フィリピンは7,000以上もの島から成り立っており、地方言語は80種類以上にも上ると言われています。たとえば、フィリピンの首都マニラで使われている言葉はタガログ語、ダイビングスポットとして有名なセブ島で使われている言葉はセブアノ語。ビサヤ語などもあります。しかし、アメリカの植民地であったことから、広く英語が普及しています。現行の憲法では「フィリピンの公用語はフィリピン語と英語」と規定しており、タクシードライバーからたばこ屋のおばさんまで、ふつうに英語を話します。英語を話す人口は、世界で3番目に多い国と公式に発表されています。

アメリカの植民地という過去。公用語英語の普及学校の授業も英語、街中のイベントのMCも英語。売っている本もほとんど英語。テレビや映画も字幕なし。デパートでのショッピングもすべて英語です。フィリピンでは英語が生活の中で日常的に使われています。人によって、タガログ語なまりの英語を話しますが、知識階級の大学生や、仕事で英語を使っている人たちは流暢なアメリカ英語を喋ります。語学学校の先生方も同様で、特に英語の指導者は厳しい試験で選抜されたイングリッシュスピーカーばかりです。

欧米各国の進出の基礎となる、フィリピンの英語力

急成長するASEAN新興国の中でも、質の高い豊富な労働力で注目を浴び、既に多くの欧米企業が進出.しているのがフィリピンです。IBMやマイクロソフトなど、世界的に有名なアメリカ系企業の多くが、また、シンガポール、オーストラリア、スウェーデンなどからも多数の企業がフィリピンに進出しています。特にコールセンターやBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)オフィスの運営で成功しています。

欧米各国の進出の基礎となる、フィリピンの英語力その理由は…
*英語を公用語としている。
*会社の設立登記が容易。
*政府の税制面での優遇政策。
*労働コストが安い
*親しみやすい国民性

といったことが挙げられます。 とりわけ英語が通じることのメリットは絶大で、会社でも日常生活でも、どこに行っても全て英語で対応できる点です。また、フィリピンの方は敬虔なクリスチャンが多く、まじめで親切なうえ、南国ならではおおらかさも魅力の1つと言えましょう。

いま、日本企業も着目する、フィリピン語学レッスン

いま、日本企業も着目する、フィリピン語学レッスン企業のグローバル化、社内の英語公用語化はリアルに進んでいます。
ユニクロを運営するファーストリテイリングは、2013年以降、新卒採用1500人のうち1200人を外国人にすると発表しました。ソニーも2013年度以降の新卒採用の3割を外国人にするとし、イオンも、本社社員の外国人比率を2020年までに現在の3%から5割に引き上げるという方針を打ち出しています。こうした状況の下、採用や人材育成の内容も大きく変わってきており、にわかにフィリピン留学が注目を集めています。 いち早くグローバル化に踏み切った楽天も、社員の英語研修をフィリピンで行っています。同社の三木谷浩史社長は、著書『たかが英語』(講談社)の中で、こう書いています。

「一番の理由は、欧米に派遣する場合の4分の1程度というコストの安さだ。日本との時差が1時間しかない点も魅力だった。(中略)英語に対する抵抗感を和らげたという意味では、顕著な効果が見られた。それまで英語を話したことのなかった人でも、帰国すると、自分から積極的に英語で話しかけるようになっていたのだ」(「たかが英語」より)

コストと時間を考えたとき、とにかく話せるレベルまで達するにはフィリピン留学が効果的と、企業からも注目を集めています。

いまフィリピンが、企業や学生から「英語力向上の地として最適」と選ばれる理由。

いま、日本企業も着目する、フィリピン語学レッスン

フィリピン留学の特長はマンツーマン授業です。欧米型の語学留学は、グループ制の授業ですから、この点が大きく違います。実際にフィリピン留学を経験した方々のアンケートによれば、その安さよりも「英語が喋れるようになった」という満足感の方が大きく評価されており、それを実現したのはマンツーマンレッスンによるものといいます。
欧米でもマンツーマン授業を行えば、英語力は飛躍的に伸びます。しかし、かなり高額な授業料を払わなければなりません。それが物価の安いフィリピンなら、負担にならずに実現できます。マンツーマンなら自分のレベルに合わせた授業が受けられ、内容も学生の希望に沿って適切なテキストで取り組む事が出来ます。外国人講師とのマンツーマン授業は、英語に初めて接する学生や英語を体系的に勉強する学生にとっては、文法の基礎を固め、会話の自信とリズムを身につける良い機会となるでしょう。いいことばかりのマンツーマン授業ですが、その分、密度は濃いので、最初は1時間が3時間くらいに感じるようです。

欧米圏の英語留学とフィリピン英語留学の違い

フィリピン留学の特長はマンツーマン授業です。欧米型の語学留学は、グループ制の授業ですから、この点が大きく違います。実際にフィリピン留学を経験した方々のアンケートによれば、その安さよりも「英語が喋れるようになった」という満足感の方が大きく評価されており、それを実現したのはマンツーマンレッスンによるものといいます。 欧米でもマンツーマン授業を行えば、英語力は飛躍的に伸びます。しかし、かなり高額な授業料を払わなければなりません。それが物価の安いフィリピンなら、負担にならずに実現できます。マンツーマンなら自分のレベルに合わせた授業が受けられ、内容も学生の希望に沿って適切なテキストで取り組む事が出来ます。外国人講師とのマンツーマン授業は、英語に初めて接する学生や英語を体系的に勉強する学生にとっては、文法の基礎を固め、会話の自信とリズムを身につける良い機会となるでしょう。いいことばかりのマンツーマン授業ですが、その分、密度は濃いので、最初は1時間が3時間くらいに感じるようです。

フィリピン人講師から英語を学ぶメリットとは?

フィリピン人講師から英語を学ぶメリットとは?「ネイティブから学ばなければ、留学する価値などない」、というのは大きな誤りであり、偏見です。フィリピン人は子供の頃から英語を習います。そのシステムはアメリカが導入した6-4-4制(6年間の初等教育、4年間の中等教育、4年間の中等教育)を採用しており、国語や社会を除く、ほとんどの科目が英語で行われています。むしろ、ノンネイティブとして高度の英語レベルを身につけた大卒のフィリピン人講師は、どうすれば英語力が伸びるかに長けており、丁寧に教えられます。特に初級から中級者の場合、「英語の学び方」を学ぶのは、英語上達のコツを学べるので習得速度が加速します。

また、マンツーマンレッスンは、1人の講師から学ぶだけではなく、複数の講師から学ぶことが可能です。相性が合う、合わないで悩むくらいなら、先生を変えることも出来ます。もともと、南国特有の人懐っこくフレンドリーな性格の先生方は、一般的に内気な日本人をリラックスさせ、楽しく学ばせてくれます。自信を持たせながら、時には厳しく、また安心感を与えながら授業が進みます。マイペースで学べるので、クラスに馴染めないといったこともありません。

マンツーマンレッスンを通じて、「聞く」「話す」トレーニングは、圧倒的な時間数となります。日本人にとって、このことがいかに重要かは、その後の英語力の習得で実感できることでしょう。もしも、長期の留学やワーキングホリデーを検討しているなら、ここで3ヶ月学んでから行くことをお勧めします。日本人が英語を学ぶ上で、最も重要なエッセンスが得られるはずです。その後の留学生活の充実度は、全く異なるものになります。

費用以上の効果を実現するフィリピン留学!!語学力向上の理由は「マンツーマンレッスン」

フィリピンが可能にした、徹底した指導で驚きの価格。

フィリピン留学の費用ですが、1ヶ月およそ15万円~となります。学費、滞在費、食事代、それ以外に現地でアクティビティーに参加する費用、お小遣いも含んで15万円程度で留学できるわけです。

4週間の授業料+滞在費を比較
アメリカ…18~30万
オーストラリア…22~28万
イギリス…28~35万
フィリピン…10~15万
※語学留学ネットアルクより実際、費用が安いだけではなく、マンツーマンレッスンによる学習効果は高いため、3ヶ月でTOEICスコアを200点上げた、といったことであれば、フィリピン留学ではそれほど珍しいことではないですし、現実に枚挙にいとまはありません。個人のレベルに応じて教え方もフレキシブルに変えて行われ、多くの学校の場合、自分の希望のリクエストを出して教えてもらうことも可能です。フィリピン留学では、苦手分野や弱点克服のために、教師がしっかりと個々の英語力を分析しサポートします。

さらに英語力を向上させるだけでなく、自立した大人としての考え方や、韓国、台湾の若者たちと寝食を共にすることにより、グローバルな感覚を養えます。メディアに左右されない、素のままの韓国人や台湾人、アジアからの若者との出会いは、視野を広げるに十分な経験となるでしょう。

多くの日本企業も注目する、英語研修先としてのフィリピンの魅力。

ネイティブでない視点からの親身でわかりやすい英語指導

ネイティブでない視点からの親身でわかりやすい英語指導フィリピンの人たちは厳密に言えばネイティブではありません。しかし、だからこそ綺麗な発音、ノンネイティブにも伝わる英語を話します。訛りを心配する方も多いですが、マイクロソフト、デルコンピューター、シティーバンクなどの英語対応のコールセンターはフィリピンにあります。そうした英語圏としての背景がある中、さらに、語学学校の教師は全員しっかり英語で教育を受けているので、発音はクリアで綺麗なアメリカ英語を話します。
第二言語として英語を習得してきた自らの経験を、マンツーマンで個別指導しくれるので、生徒からは高く評価されています。特に日本人の苦手とする、「話す」「聞く」という面では、リラックスした雰囲気でレッスンが進みます。わからないことも、その場、その場でクリアにしていくので、効果的であり、高いモチベーションを維持しながら授業に参加できます。

選ばれた講師陣のみによる質の高い英語授業

フィリピンでは、英語講師とコールセンターのオペレーターは、一般の方よりも高い収入を得ています。講師は基本的な英語力だけでなく、発音、指導力、経験などが審査され、厳しい競争をくぐり抜けた方だけが採用されます。さらに、英語の教授法のトレーニングを受け、はじめて講師として生徒に教えることが出来ます。 また、絶えず、十分な英語力、指導力をキープしているか定期的にチェックされ、基準をクリアできないと解雇されることもあります。学内では、生徒からの人気ランキングなども掲示されるので、どの講師も質の高い授業を心がけ、熱心に指導されています。特にTOEICやTOEFLを教える講師は、自らが満点保持者であることも少なくありません。講師の年齢、性別は、さまざまで、生徒自身が自分に合う先生を選ぶことが出来るようになっています。

TOEICスコアに表れる、実力派人材育成の実力

TOEICスコアに表れる、実力派人材育成の実力TOEICやIELTSのコースを持つ学校では、スコアアップを保証する学校もあります。 フィリピン留学では、1日の授業時間が6~13時間ありますから、欧米留学に比べ2倍以上の授業を受ける事も可能です。マンツーマンでこれだけの時間集中して勉強しますので、確実に英語力は伸びます。3ヶ月でTOEICスコアが、545から800まで上がった方もいますが、とりたてて難しいことではありません。スタートするレベルによって、成果は様々ですが、最初は、ほとんど話せなかった人でも、数週間でみるみるうちに上達するのは、マンツーマンレッスンならではと言えるでしょう。

人間形成にプラスとなる海外ボランティア体験

人間形成にプラスとなる海外ボランティア体験留学の目的として、語学の習得を第一に上げる方は多いのですが、海外で学べることはそれだけではありません。異文化体験やボランティアによる社会貢献などを通じ、国際感覚や社会性を身につけることもその一つです。

ボランティア体験プログラムでは、現地のNPO団体やボランティア団体と協力し、世界の様々な問題を身近なものとして捉え、学び、解決する機会を提供しています。セブ島周辺では、マングローブの植林ツアーに参加したり、孤児院や貧困にあえぐ村を訪問し、子供たちと交流を行うなどしています。

学校あんない

MDL

  • 2010年に移転したばかりの綺麗な新校舎
  • プール、ジム、卓球台、売店やシアタールーム完備
  • 講師と一緒に生活しながら24時間英語漬け

NILS

  • 通学は学校所有のジプニー
  • 日本人スタッフが留学生活を完全サポート
  • マンツーマンで個人にあわせたカリキュラム

Philinter

  • 学生1人にバディティーチャーが1人つきサポート
  • 細かいレベル分けで効率的、講師の質が高い
  • 土曜に2コマの無料グループレッスンあり

SMEAG

  • TOEIC点数保証コースあり
  • 強化ポイントが違う3つのキャンパス
  • 清潔・安全で日本人向けの学校

TOPに戻る

spec

外学会出張

外学会出張

外学会出張

とっておき新着情報





Copyright(C) 海外出張・業務渡航プランニング All rights reserved. 【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】